人気ブログランキング |
<< お蕎麦 Drive >>
三国街道 塩沢宿 牧之通り
f0201715_23574140.jpg

f0201715_23573499.jpg


父が幼いころの数年間、住んでいた所を

見に行ってみたい!ということで、新潟県南魚沼市塩沢へ。

町の変化や、幼いころの感覚と今の感覚の差

遠すぎる記憶が結びつかなくて、ここだー!とはならならなくて

残念だったけれど、少しは懐かしめたみたいで良かったな^^

そして、そのあとは、近くにある 「三国街道 塩沢宿 牧之通り」 へ。






古い町並みが再現されてる牧之通り。

こんな町並みだった時代のことなんて

まったく知らないけれど、懐かしい雰囲気*

歩道の上にある 「雁木」 のおかげで

雨上がりの強い日差しをさけて

お散歩することができて良かったよ。

雁木の下の、あちこちには、紙を折ってひとつひとつ

組み合わせて作った雪玉が飾られてあって

風でゆらゆら揺れてて可愛かったぁ♪

(1枚目 左下4枚の右上の写真)。


カマキリがのぼっている柱(2枚目 右上の写真)には

昭和52年2月2日 1.41m 一日最大降雪量。

平成7年 2.74m 。

昭和60年 3.00m 。

昭和58年 3.7m 最大積雪って

塩沢の過去の積雪量が書いてあったよ。

どれもビックリな数字だけれど

1日で1.41mも降られたら

1日中、ものすごく大変だっただろうなぁ(*>ω<*)

なぜ、カマキリがのぼっているかというと

秋に木に卵を産みつけるカマキリは

これから訪れる冬の積雪を予知して

卵が雪に埋まらない高さに産みつけると云われているから。

そー言えば、秋に 「カマキリの卵が高いところにあるから

この冬は大雪かもしれないよ」 って聞いたことあったなぁ。

本当なのかわからないけれど、自然ってスゴイ!


朝からずっと雨が降っていて、天気予報も雨だったけれど

着くころには、こんなに晴れてくれて

やっと雨女返上できたかも??

NIKON D90 + AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR
by lll_MAYU_lll | 2012-05-09 22:52 | 風景
<< お蕎麦 Drive >>